Methavalai Sorndaeng バンコク

クラシックなタイ料理のミシェラン★獲得店「Methavalai Sorndaeng」

今回紹介するお店はミシェランの星獲得店として猛烈プッシュが本筋なんでしょうが、個人的には旅の記憶と共に思い出されるお店です。

バックパッカーとしてカオサン周辺に泊まっていた人なら、一度はそのお店を目にしているのではないでしょうか。

特に僕は寺裏側ではなく、ツーリストポリスとは逆側のセントラルやナット2などの安宿があるエリアに泊まっていまいした。

寝付けない夜は民主記念塔の近くにあるマクドナルドに行っていたので、よく目にしていたレストランです。

Methavalai Sorndaeng(メタワライ ソーンデーン)は、ミシェラン★を獲得したお店の中では最安に入るレストランですが、もちろん100バーツでも高すぎると思っていたバックパッカーに取っては縁のない存在で、なんかちょっと古くさいレストランがあるなと、その存在を認識していただけでした。

あれから10数年経ち、初めてこのレストランに行ったのは2018年のソンクラン明け。

バンコクに移住して初めてのソンクランをカオサンで終え、ゲストハウスに忘れてしまったアロハシャツを取りに行った時のことです。

普段来ないエリアなので、昼ご飯でも食べようとGoogle Mapで適当に近くのレストランを漁っていた時に高レビューのお店を見つけ、外観写真に記憶を呼び戻され迷うことなく入ったレストラン。

昼からレストランでビールを飲みながら見る民主記念塔。

あの頃できなかったことができる喜び以上に、あの頃への羨望が湧いてくることを感じながら感傷に浸り、出された料理を食べて一気に現実に手繰り寄せられました。

「なんだこれ、旨いじゃん」

あー、これがタイ料理の醍醐味だな。と、知識もないのに感激した。

本当のタイ料理が何かはさておいて、バンコクに移住して食べた料理の中で、銀座のタイ料理屋で食べた1,500円のランチを超えるものと出会ったことがなかったのだけど、初めてそれを超えた気がしました。

そしてあれから1年半ほど経ち、2019年にはミシェラン★を獲得してしまったので、なんとなく行くのを躊躇っていたのですが、久し振りに訪問しました。

Methavalai Sorndaeng

Methavalai Sorndaeng(メタワライ ソーンデーン)はクラシックなスタイルのタイレストラン。

外観はカジュアルな雰囲気ですが、ホテル風の内観やボーイさんたちに最初は戸惑うかもしれません。

ランチタイムは、生歌のライブがあり(ほどより音量の唄ものです)、瀟洒な雰囲気を盛り上げてくれます。

メニュー

お店のおすすめメニューページだけの掲載です。

クリックで拡大
クリックで拡大

ミシェランでおすすめされていたのは、この3品です。

「Crispy rice noodle in sweet and sour sause」
「Spicy lemongrass salad」
「Crab meat and acasia red curry」

オーダー

おすすめから、四角豆のヤム「ヤムトゥアプゥ」200バーツ(700円)。

Methavalai Sorndaeng バンコク

ミシェランのおすすめでもあるセンミー(細いコメ麺)を甘酸っぱいソースで味付けして揚げた「ミーグローブチャンワーン」130バーツ(450円)。

こちらは中華系のタイ料理「ホイジョートー」240バーツ(840円)。中国の広東省潮州の方言で、「ホイ=カニ、ジョー=なつめ」。

カニが入っているなつめぐらいの大きさの揚げ物ということで、命名されたようです。皮は湯葉になります。

こちらもミシェランのおすすめ。

南部のカレー「ゲーンクア」にアカシア(チャオム)とカニがたっぷり入った「ゲーンクアチャオムヌアプー」300バーツ(1,050円)。

料理のお味

このお店の特徴はスパイスをしっかりと感じられ、ちょっとくどいぐらいの濃厚感。

そこに素材の良さと調理の上手さが合わさり、他のレストランとは違う味わいが楽しめます。

タイ料理のスパイスについて知識がないので、料理の詳細を語ることはできないのですが、

日本の煮付けで表現すると、活きのいい魚を、天然のお出汁とたっぷりのみりん、強めの醤油で作ったような田舎味でしょうか。

素材もスパイスも主張があり、味のインパクトが強いです。

その分ちょっと後半飽きてしまいますが、タイ料理の面白さを感じさせてくる味だと思います。

また男性2人で行って上の料理(全て一番小さいサイズ)とご飯を頼みましたが、結構残しました。濃い目の味付けなので、注文しすぎにはご注意ください。

お会計

料理4品(小)、白ご飯 、シンハービール大瓶(150バーツ)×2本、VATとサービス料で、大体1,450バーツ(5,100円)でした。

料理の内容や量、レストランのランクを考えると、リーズナブルだとは思います。

お店の詳細と場所

民主記念塔の隣なので場所は分かりやすいですが、最寄の鉄道駅はありませんので、公共交通を使うならボートの終点になります。

パヤタイからタクシーで100バーツほどだと思います。