ティップサマイ キングパワー

パッタイの元祖 ティップサマイ キングパワー店(KINGPOWER)はちょっと。

パッタイの元祖「ティップサマイ」。

いつしか観光客のローカル店への訪問がトレンドになり、大きなお店ながらも30分以上の待ち時間が当たり前になってしまったので、なんとなく行くのが億劫になってしまいます。

立地の悪さも手伝い、僕もバックパッカーでカオサンに泊まっていた時以来6年ほど行っていませんが、たまに思い出すんですよね。

あの赤いソースで炒められた麺とエビ。そしてそれを包んだ薄焼きの卵を。

そんな想いを解決すべく、久し振りにティップサマイに行ってきました。

ただし本店ではなく、免税店のショッピングモールとして有名な「キングパワー ランナム店」です。

僕はタイ語学校がパヤタイにあるのでアクセスが良く、ランチタイムでも待ち時間がほどんどありません。

ティップサマイ キングパワーランナム店

場所はキングパワーランナム(KINGPOWER)の3階フードコートにあります。

フードコートなので、タイの定番 フードコート専用カードでの清算になりますので、まずはカードを購入します。

キングパワー フードコート

エビのパッタイで119バーツ、エビなしで89バーツになりますので、飲み物と合わせて200バーツ分購入しておけば問題ないでしょう。もちろん余った分は払い戻しできます。

他にも台湾スイーツのお店などもあるので、多めにチャージしておいて、はしごするのも良いと思います。

ティップサマイ キングパワー

注文カウンターがあるので、注文→呼び出しという流れになります。

カフェでよく使われているやつを使います。

待っている間、厨房をのぞき込みます。

キングパワー ティップサマイ

食材の鮮度は良さそうですね。

パッタイ ティップサマイ

久し振りのご対面。やっぱり美しい。

この薄皮のタマゴの包み具合がいいんですよねー。

味の方はというと、あれ?ちょっと微妙。

ひっきりなしに厨房でパッタイが作られてはいるのですが、ちょっとヌルい

なんでしょう?パッタイもエビもある程度見通しで炒めておいて、オーダーが入ったら順に卵に包んでいっているのでしょうか。

まあここら辺はちょっと運ということもありますが、本店で食べた記憶があるだけに残念。

それでも普通のパッタイより美味しいです。

後、ちょっとオススメできない点として、やっぱりモールのフードコートということで、オープンスペースでの食事になること。落ち着いて食事を楽しむという感じにはならないです。

ということで、初めて行かれる方には本店をおすすめしますが、あの美しいパッタイを見たい、赤いソースのやつを食べたいということであれば、キングパワーで食べるのもありだと思います。

本店はこちらです。

できれば営業開始と同時など、ピークタイムを外して行きましょう。