タイ歌謡曲のハイブリッド進化!Juu & G. Jee「ニュー・ルークトゥン 」リリース

タイのスヌープ・ドギードッグ(?)こと、HIPHOP界の異才JUUの新作「ニュー・ルークトゥン 」がヤバいことになっています。

これは久し振りにグッときましたね。

JUU(ジュウ)は90年代後半からラッパーとしてのキャリアをスタートした、イサーンに住むタイ人ラッパー。

注目すべき点は、正式な作品リリースがなかったJUU(ジュウ)の初作品が、日本人によるプロジェクトOMK(ワンメコン)のYOUNG-Gがリードし、日泰フュージョンの作品を作りあげたこと。

またその作品に鎮座DOPENESS、田我流など、旬のアーティストが参加しています。

OMG(ワンメコンとは?)

stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニット「Soi48」を中心に、アジアの地下ヒップホップ・シーンからクラブ、ローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクト。

とにもかくにも、アルバムのアイコンとなる曲「 Juu & G. Jee feat. 鎮座DOPENESS x MMM 2ยาม Time 2 Yam「深夜0時、僕は2回火を付ける」」を聴いてみてください。

 

JUU(ジュウ)とは?

1980年生まれ。バンコクはウォンエンヤイ生まれのラッパー/アーティスト。ギタリストだった父の影響で7歳からギターを始め、その後ヒップホップやダンスに熱中する。

2003年頃よりラップを初めて以降、個人のアーティストとしての活動のほか、複数のバンドやプロジェクトに参加。2012年よりヒップホップクルー「4E RASTAFARI」のメンバーに。2015年よりイサーン地方のコンケーンに拠点を移している。

 

ルークトゥンとは?

田舎の子、田舎者の歌の意を持つ音楽ジャンルで、1960年代半ばにその名が確立し、タイの伝統音楽の要素を含む歌謡曲です。

バンコクで生活していると日常的に耳にする音楽で、イサーン音楽として認識されているジャンルです。

「ニュー・ルークトゥン 」

個人的には久し振りにキターーって感じの曲で、タイに居ることが嬉しくなる曲でした。小旅行がてら、コンケーンにライブを見に行くのもありだなと思いました。

もう1曲ぐらいJUUの曲を載せておきます。

 

■EM Records LPとCD版が購入できます
http://emrecords.shop-pro.jp/

デジタル版はこちらから
https://emrecords.bandcamp.com/album/new-luk-thung

関連リンク

【アジアNOW!】第1回 タイ・ヒップホップ・シーンの今に迫る! JUU(ジュウ)、イサーン在住のラップの師匠を直撃
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/18336?page=2

RAP IS NOW

JUU 4E ปล่อยอัลบั้ม นิวลูกทุ่ง ที่ร่วมงานกับค่ายเพลงญี่ปุ่น Em Records เปิดตัวด้วยเพลง Time 2 Yam

STUDIO VOICE「いまアジアから生まれる音楽」YOUNG-GのOMKとしての活動や、JUUの記事が掲載されています。
https://store.studiovoice.jp/items/13431710