Mahorasop(マホラソップ)2022が3年振りに開催!コーネリアス先輩が来タイします

タイインディーズ界のロック・ポップスを中心とするフェス「Mahorasop(マホラソップ) Festival 2022」が3年振りに開催されます!

ロック系のフェスが多いタイにおいて「Mahorasop」はラインナップがインターナショルで、とりわけ日本人バンドが充実なフェス。

2019年は「CHAI」「never young beach」「LITE」「THE FIN」の4バンドが出演しました。

その後「ネバヤン」のメンバーは、今は亡きNOMA BKKで開催された「SOM TAM CLUB」にDJで参加。懐かしい思い出です。

 

関連記事

ceroの橋本氏主催。タイ在住者にとっては放っておけないパーティ「SOM TAM CLUB(ソムタムクラブ)」が来タイします。ceroの橋本氏もそうですが、タイ在住者にとってはヤンガオのMOOLA (ムーラ)さんの方が馴染み深いかも[…]

som tam club バンコク

Maho Rasop Festivalとは

Maho Rasop Festivalは、タイのバンコクで最初の国際的な独立した音楽祭です。3人の主要なコンサートプロモーター(HAVE YOU HEARD?、Seen Scene Space、Fungjai)が主催し、海外およびタイのアーティストほか、芸術、食、文化活動などにもアプローチしています。

マホラソップ(มหรสพ)は、伝統的なタイ語で「祭りのお祝い」を表す言葉で、祭りの雰囲気を完全に表現し、バンコクのキャラクターを引き立てます。

2022年出演の日本人ミュージシャン

2022年の注目は、やっぱり色んな意味で注目の「CORNERIUS(コーネリアス)」でしょう。

色々あった後のフジロックの記憶も新しい、小山田氏のライブは観たいところ(世代なので)。

ラインナップ

日本人ミュージシャン

CORENERIUS
MONO
DYGL
Tokyo Shoegazer
Haru Nemuri
Foodman a.k.a 食品祭り

1日目のヘッドライナーは「CORENERIUS(コーネリアス)」、海外で評価の高い「MONO」が2日目のヘッドライナー。日本人バンドで個人的にNO.1バンド「DYGL」

他、やはり海外で評価の高いミュージシャンが招集されていますね。

チケット

なかなかなお値段です。が、アフターコロナ以降は海外勢のイベントは、軒並み2倍ぐらいになっていることを考えると妥当ですかね。

もはやかつての金額感で考えても意味ありませんし、行ける時に行かないと後悔するだけって学習しましたので、行きたいなら「購入!」で。

▼チケット
https://www.ticketmelon.com/mahorasop/mhrs2022

日程・会場

11月19日(土)、20(日)2日間に渡って開催。今回の会場はちょっと遠くなり「ESC Park Rangsit」になります。

そこそこ近くまで公共交通機関で行けるので、それほど苦にはならないですかね。
帰宅のタクシーは激戦になるでしょうから、そこがちょっと不安ですかね。
なにはともあれ、フェスの復活、そして海外勢の来タイを喜びましょう!

 ■Facebook
https://web.facebook.com/MahoRasopFestival/

■公式サイト
https://www.mahorasop.com/

 

created by Rinker
ワーナーミュージック・ジャパン
¥4,280(2024/04/22 01:17:41時点 Amazon調べ-詳細)