マザーロースター 店舗

Mother Roaster(マザーロースター)- タイのビックママによるカフェ・ロースター

御年70歳を超えるママがオーナーを務めるカフェとして有名な「Mother Roaster(マザーロースター)」

フアランポーン駅近くで小さなお店を営んでいましたが、2019年11月にそこから徒歩7分程度にあるタラートノイ エリアに増築移転しました。

旧店舗は、通り沿いにある簡素なお店でしたが、この頃から人気のお店。

Mother Roaster(マザーロースター)

マザーロースター カフェ

このお店が名を馳せたのは、なんといってもオーナーであるママさん。

70歳オーバーという年齢のバリスタとして注目を浴びたと思うのですが、ママの人柄が最高。マザーロースターは2度目の来店になりますが、2回とも丁寧にコーヒーの説明をしてくれ、帰る際にも話しかけてくれました。

ママさんのポジティブな対応の影響で、若いスタッフの方たちも柔らかい笑顔で迎えてくれます。

店内にはテーブル席、エアコンは効いていないですが、テラス席的な場所もあります。

隣が改装中だったので、お店は更に拡張されるのかもしれません。

メニュー

外国人にも人気のお店ですが、価格は抑えめ。アイスラテで80バーツと、ローカル店より少し高いですが、こだわりのコーヒー豆を使っているなら納得できるお値段です。

タイに置いてインポートの豆がこのお値段なのは、かなり良心的といえるでしょう。

ドリップコーヒー

マザーロースター バンコク

ロースター(自家焙煎)をしているお店なので、カフェメニューの味もレベルが高いです。

ママさんの年齢を考えると落ち着いた感じのコーヒーなのかなと思っていたのですが、今っぽいフレッシュな香りが豊かで、スッキリしたコーヒーを提供してくれます。

ドリップコーヒーは、タイ産80バーツ、海外産100バーツとリーズナブルです。

お店は注目のタラートノイ エリア

古きバンコクの景色が残る中華街の小さな工場エリアとアートが融合して、ウォーキングコースとして有名なタラートノイエリアにお店はあります。

周辺にはアートギャラリーや飲食できるオシャレなお店も多いので、このエリアの散歩途中に立ち寄るのがオススメです。

お店が入っている家の壁もペインティングされています。

マザーロースター 店舗

お店が入っている建物の1階はかつて工場だった場所が手付かず。

廃材が散らかった1階。演出?ではないと思います。

概要と場所

最寄駅はMRTのフアランポーン駅。徒歩だと10分ちょっとぐらいです。バイタクだと20バーツでした。

■店名:Mother Roaster

■営業時間:10:00~18:00

■定休日:なし

■住所:1172, 8 ตรอก San Chao Rong Kueak, Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok 10100