KARO コーヒー

Karo Coffee Roaster – コーヒーとほっこりパンが美味しいカフェ

駅前は開発が進むプラカノンエリア。日本人にも人気の街で、駅前はかなり外国人色が強いですが、ソイを奥に入るとローカルエリアがまだまだ残っています。

ソイが細かく入り組んだエリアにある人気のカフェロースターが「Karo Coffee Roaster(カロ コーヒーロースター)」。

Karo Coffee Roaster(カロ コーヒーロースター)

KARO コーヒー

このお店訪問のきっかけは口コミ。Googleのレビューが高いことと、インスタの投稿にコーヒーへのこだわりが感じられたこと。

何度かこのお店には行きましたが、レビューと期待を裏切らないコーヒーの味です。

ロースターさんなので豆は自家焙煎。毎週水曜日にはカッピング(コーヒーの味チェック)を行っており、お客さんも参加することができます(9時~)。

お店もオシャレ過ぎず、コーヒーにこだわったお店という感じで居心地がいいです。

スタッフはスーパーフレンドリーなので、話しかけられたくない人はテーブルに座りましょう。

メニュー

ドリンクはアメリカーノ100バーツ、ラテで120バーツ。このエリアだと普通の値段かなと思います。

このお店のもうひとつの推しはペストリー。見た目洗練された感じはありませんが、ほっこり手作り系。

ちょっと懐かしい感じがありつつも、美味しいんですよ。このお店ならではの味なので、一度試してみることをオススメします。

ドリップコーヒー

カロコーヒー バンコク

このお店の一番の売りは新鮮なコーヒーのドリップ。

期間限定でブレンドを数種類とシングルオリジンを置いています。好みを伝えれば、スタッフの方がレコメンドしてくれます。

写真はエチオピア(150バーツ)

ベリー系のフレーバーをオススメされたのですが、最近バンコクのロースターさんはどこでもベリー系をプッシュされます。

個人的にあまりベリー系のコーヒーの味が好みではないので、ナッツ系にしました。

味は十分美味しい。バンコクのロースターさんの中では上位にきます。ただ前に飲んだエルサルバドルがあまりに美味しかったので、ちょっと霞んでしまいました。

コーヒー豆の販売もあり

コーヒー豆 バンコク

お店の棚にいくつか種類が並んでいます。僕はタイ産の豆でややベリー系のフレーバーで、お店のオススメの豆(250g 340バーツ)を購入。

プラカノンエリアにあるロースターさんの値段としては安いので、クオリティに不安を持ちましたが、十分美味しい。

最寄駅が外国人エリアにしては、コスパがかなり高いです。

パッケージにはKRUNG THEP(クルンテープ)と印字されています。がこれは銘柄や産地ではないようです。

全てのパッケージに印字されていました。ちなみにKRUNG THEP(クルンテープ)はタイ語で「バンコク」を意味します。

店舗情報と場所

最寄駅はBTSプラカノン駅ですが、徒歩だと遠すぎます。バイタクだと40バーツで行ってくれました。

近辺は道端で野菜や果物を売っているローカルエリアなので、ほっこりできると思いますよ。

■店名:Karo Coffee Roaster

■営業時間:08:00~17:00

■定休日:なし

■住所:66 Pridi Banomyong 26 Alley, Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok 10110