カオピヤック バンコク

ソイカウボーイ後の締めはここで!ラオスの生麺カオピヤックが食べられるお店

日本で酔っ払った後は締めのラーメンよろしく、バンコクではクイッティアオということになりますが、生めん感覚を味わいたい方にはラオスの「カオピヤック」がおすすめ。

カオピヤック

ラオスを代表する麺料理で、タイでいうところのクイッティアオの麺の一種ですが、生麺になります。

細麺と太麺があり、細麺をセンノーイ、太麺をセンニャーイといいます。

カオピヤック センノーイ

 

このお店のカオピヤック

太麺であるセンニャーイが置いてあるかは不明。いつもセンノーイを食べているので、とりあえずセンノーイはあります。

カオピヤック バンコク

どうですか、美味しそうですよね。

スープはビエンチャンの塩辛いものより美味しいです。もう少し北の方の味でしょうか。

ベロベロに酔っ払って行くので、どうやって頼んだかも覚えていないのですが、センレック(タイの麺)を注文してもこれが出てくると思います。

特徴としては、麺のデンプン(タピオカ粉かも)でトロミが出て、それにスープが絡みます。

麺もモチモチしていて、濃厚感とラーメン感が出るという訳です。酔っ払った時にはたまらない味です。

場所

夜しかお店が出ないのですが、Soi23にあるこのセブンイレブンの右手です。お店の名前も分かりません。

バンコクでは数少ないカオピヤックのお店ですので、ソイカウボイーイに行かずともこのお店を目指しましょう。

きれいなオネエさんがカメラ目線をくれますよ。