カオソーイ バンコク

ミシェラン ビブグルマンvol.02 カオソーイ バンコク代表「OngTong Khosoi」

チェンマイを代表する料理「カオソーイ(カオソイ)」

チェンマイを訪れた人はもれなく食し、そしてバンコクでカオソーイを食べると、なんか違うなと思わせられる料理だと思います。

僕もこれまで何度かバンコクで評価の高いお店に行きましたが、正直2ランクぐらい落ちるなという印象でした。

ミシェラン ビブグルマンを獲得した「OngTong Khosoi」

WEB上の評判を見る限り、「Ongtong Khaosoi」についても他のバンコクのお店と同じように割と厳し目の評価を見ていました。

正直それほど期待していませんでしたし、ミシェラン2019のビブグルマンでボーナス的に有名になったお店かなとも思っていました。

アーリー駅という土地柄、オシャレで外国人にウケる店。内装はイメージそのままでした。

カオソイ アーリー

 

カオソーイの味はどうか

まずは値段。高くて美味いのはまあ、当たり前となってしまいますが、カオソイ ガイ(骨付きチキン)で79バーツ。

バンコクでオシャレなお店でこの値段は良心的な価格設定ですね。

バンコク カオソイ おすすめ

気になる味の方ですが、まずはスープを一口。「うん。ピリッと辛くて悪くない」。

まずは、甘すぎるパターンではないので安心。

カオソーイ バンコク

バンコクのカオソーイでいつも思うのが、スープがシャバシャバ過ぎて、濃厚さが足りないことだったのですが、

濃厚とは言えないまでも、物足りなさはないです。

次に薬味的な付け合わせである玉ねぎとザーサイ、マナオ(タイのレモン)を絞ってよくかき混ぜます。

するとあらあら、味が化けました。

沈んでいたココナッツミルクの濃厚さ、玉ねぎとザーサイの柔らかい甘味、マナオの爽やかさが混じりあって絶妙じゃないですか。

評価

タイ料理としてのカオソーイと考えると若干もの足りなさはあるかもしれませんが、ひとつの料理として考えるとレベル高いです。

僕の評価は、★4.5

この味が、この店構えこの価格なら通いたい店です。

ただ狭い店内に店員が異常に多く、サービスは並みですので落ち着く店ではありません・・・。

 

場所

BTSアーリー駅から徒歩5分。アーリーのメインのSoiなので場所は分かりやすいです。

営業時間:10:30~20:30

ランチタイムの後半、12時40分ぐらいに行きましたが、2階席は既に1回転しているのか待ち時間なしで座れました。