【2019】タイで銀行口座を開設!カシコン銀行(ワーパミあり)

タイで働き始めた初日に、会社のタイ人スタッフに連れられバンコク銀行の口座とデビットカードを作りましたが、ひとつの銀行だけでバーツを持つのもリスクがあるなと感じ、サブの口座を作ることにしました。

タイで働き始めて2年過ぎ、多少なりとも貯金ができてくると、酔っ払いバンコク生活での紛失のリスクが怖いですよね。それに1日で取引できる額を設定しているので、帰国時にまとめて円両替をする際に困ることが何度かあったので、意を決して口座を開設しに行きました。

選んだのはカシコン銀行

サブバンクはカシコン銀行にしました。

正直なところ、バンコク銀行以外の主な銀行の差がよく分からなかったので、「モバイルバンキングが使えて、VISAのデビットカードがあって、信用ができそうな銀行」であればどこでもいいと思っていました。

決め手はタイ生活の長い同僚にカシコン銀行をお勧めされたこと。彼が言うに、カシコンはなにかと融通が利くとのこと。老舗の銀行でATMの数もそこそこ多いですし、特に困ることはないと思ったので安直にその提案に乗ってみました。

 

口座作成に必要な書類とデビットカード(VISA)の作成費

  • 口座申請用紙(銀行に置いてあるもの)
  • パスポート
  • ワークパーミット
  • デビットカード作成費 300バーツ

口座申請用紙は特別な情報は必要なく、住所やパスポートの情報などを記入するだけでした。

フォーマットが日本人には分かりづらいですが、感覚で適当に記入していきましょう。間違ったところは、担当係の人の指示に沿って訂正サインをしていきました

パスポートのコピーは銀行側でしてくれるだろうと思い手渡すと、何の詰まりもなくコピーを取ってくれました。

デジタルワークパーミットの提出方法

デジタルワークパーミットになったので、どうやってコピー(印刷出力)をするのか疑問に思いましたが、自分で印刷するのが面倒だったのでとりあえず見せてみることにしました。

返答は「メールアドレスを送るから、そこに画像を送ってくれ」とのこと。

その場でスマホのキャプチャを撮り、メールアドレスに添付で送信しました。

ワークパーミットには裏面があるので、写真左側の反転をタップして裏側もキャプチャしてください。

 

口座作成の所要時間

専用のカウンターがあり、英語が分かるスタッフが選任で担当してくれたので、トータルで30分もかからなかったです。

言われるがまま必要情報を記入して、サインをする。モバイルバンキングの認証番号設定をする。ただこれだけです。

規約のようなものにもざっくり目を通しましたが、一般的によくあるような内容なので、口座を作るだけであれば特に目を通す必要もないかと思います。

出来上がり

慣れない作業って必要以上に気をもみますが、心配が嘘のよう。

タイの私史上もっともスムーズな対応で、あっという間に出来上がりです。

これで酔っ払っても大丈夫!(違うか)。リスクヘッジと貯金用ということで。