リモートワークで変わるタイ移住 – 「パートタイム フリーランス」でリスクヘッジ

タイ移住を考えた際、一番ネックになるのが仕事とその収入だと思います。

現地採用の給与は5~10万バーツ。会社員の平均が7万バーツぐらいあると思いますので、月給245,000円。賞与が2ヵ月だとすれば年収で343万円になります。

現地採用のひとつの目標金額である10万バーツで月給350,000円。賞与が2ヵ月の年収は490万円になります。

日本より物価が安いので給与がダウンしても生活は十分にできますが、永住を考えない場合の貯蓄やタイでは高くなる教育費を考えると、タイで働くことの大きなネックになるのは間違いないです。

特に東京など大都市圏で働いている方は、基本給与ダウンになってしまいますので、強い理由がない限りタイ移住止めてしまうと思います。

ただコロナの最大の恩恵であるリモートワークによって、そのダウンした給与を上手く補ったり、タイで働き始めるハードルが下げられるようになるのではないかと考えるようになりました。

リモートワーク/テレワークで働き方は変わるか

コロナ禍で始まったリモートワークですが、完全リモートワークではなく、週1、2回は出社している会社が多いように見受けられます。

僕はWEB業界で働いていることもあり、未だ完全リモートワークで、東京の会社の仕事を岡山から行っています。

これがいつまで続くか分かりませんが、出社が必要なものと不要な仕事が明確になってきていて、今後もリモートワークを基本とする就業が検討されています。

またリモートワークの導入により、仕事の切り分けができ、求人情報もリモートワーク案件が増えています。リモート案件の方が人気が出るので、各社が積極的にリモート案件の求人を生み出そうとしている状況が窺えます。

とはいえ、まだまだリモート率は低く、現状がリモートへの移行の過渡期という印象ですが、以前に比べれば確実に増えていて、週1~3日のフリーランス案件も増加しています。

専門性と定型業務の増加

専門性が高い仕事、同じことを確実にやる定型な仕事はリモートワークにある程度移行していくように思います。

流動的で対面性を必要とする仕事は今までいた社員がやり、切り分けができる定型業務や専門性を必要とするものは、リモートでそれに見合った人材を採用すれば良い。

そういった方向に流れる可能性は十分にあると思います。

日本のリモートワークを持ってタイへ移住する

タイへ移住するといっても、いきなり永住を決断することはないと思います。

まずは2年ほど働いてみて、日本に戻るなり、タイでもっと働くのか決める。多くの人がこの流れになると思いますが、タイでの就業がキャリアアップに繋がらない可能性が高いので、日本に帰った時のことを考えると躊躇してしまいます。

僕はタイで働いていた会社で採用関係の対応もしていましたが、キャリアがあって上昇志向がある方は本当に就職してくれません。

採用して働いてくれる人は、キャリアがない方か、キャリアがあってキャリアアップを望んでいない40歳前後プレーヤ―の方ばかりでした。

やはり仕事内容と給与面の問題が大きい。

そこで日本の仕事を持ったまま、タイで生活をすれば移住のハードルが下がるのではないかと考えました。

タイの会社で働くキャリアアップについては、以下の別記事を読んでみてください。

➡【現地採用】タイでキャリアアップは可能か?タイで働くことのメリット・デメリット

タイで日本の仕事をする問題点

リモートワークOKでも、海外からとなると無意味に不安がられそうですし、フリーランスであればエージェント側が許可しない可能性は高いと思います。

この辺の問題は今後多少解消され、少なからず海外フルリモートOKの仕事は増えてくると思いますので、一旦置いておきます。

仕事以外で一番の問題はVISAです。タイの会社で働かないと労働許可証が取得できないため、タイランドエリートという安いもので5年間で160万円ほどするVISAの取得が必須になります。

ただ移住のトライアルと考えれば、このVISAを取得するだけの価値はあると思います。

タイで働くことでの給与ダウン分でVISA代を賄うことができるでしょうし、海外の住所で仕事ができる場合、住民税がかからないタイなら、それだけでお釣りが出ます。

日本に住所を置かなければならない場合でも、タイの生活費を考えれば十分に利点はあります。

VISAの金額がネックになる場合は、観光VISAとノービザの組み合わせで1年の内180日はタイに居ることができますので、半年タイ、半年は日本や別の国から働けば済みます。

十分に移住のトライアルはできるし、生活しながらタイで仕事を探すこともできます。

タイ語学校に通えば1年の学生ビザも簡単に取得できます。午前中だけの授業出席で学生VISAは取得できますので、就労時間が短いリモート案件であれば両立も可能です。

タイで副業・フリーランスのパートタイム

タイ語学校に通っていたり、子育てがありフルタイムで働けない方は、週3日程度の仕事や単発案件をフリーランスとして日本の仕事を受けることも考えられます。

IT系の仕事が多いですが、資料作成やライティングなど、事務系のスキルで対応できる仕事もあります。

仕事のブランク解消にも良いですし、ひとつでも特定のスキルを獲得することで徐々にできる仕事が増えてくると思います。

下記にフルタイム以外/IT系以外の案件が多いエージェントをリンクしますが、最も有名なところで「ランサーズ」はピックアップしていません。ランサーズはあまりに薄給な案件が多く、足元を見た個人発注案件が多いので、擦り減って辞めてしまうことになると思います。

クラウディア

案件の幅が広く、IT系以外のお仕事も多いです。専門性が高い仕事が少ないので単価は低めですが、資料作成など今後の仕事に繋げられる経験を積む最初の一歩として、とりあえず登録しておいて損はないサービスだと思います。

➡日本最大級クラウドソーシング クラウディア

イマクリエ

こちらも案件の幅広さで、テレワークを代表するサービスである「イマクリエ」。一般事務、在宅でのコールセンター、マーケティングやSNS運用など、比較的専門性を求められないお仕事が多いです。

➡未来の働き方を創造する イマクリエ

コデアル

IT系の仕事を中心に、事務、人事、ライティングなど、エンジニア案件以外の比率が高く、IT系以外の単価も2,000円以上と高単価なのが特徴です。

➡働くをもっと自由に コデアル

REWORKER

エンジニア、デザイナーなどIT系のお仕事がメインですが、経理や広報の仕事もあります。今後リモートワーク案件も増えてきそうなサービスです。

➡全職種に新しい働き方を リワーカー

Members Shift

IT・WEB制作会社メンバーズが提供するサービス。フルタイム案件は一切なく、独立を考える人へある程度の固定収入を確保させるためのサービスがコンセプト。今勢いがある会社なので、IT・WEB制作系の案件は質の良いものが多そうです。

➡自立・自己実現をサポートする フリーランスファースト

SOKUDAN

92%がリモート案件で、週1~3日稼働の案件も多いです。単価も悪くなく、職種も幅広いですが、専門性はやや高めのようです。

➡最速の副業マッチング 週1案件が見つかる

フルタイムのフリーランスとしてタイで働く

フリーランスとしてプロジェクト単位で稼働している方は海外在住の方も多いと思いますが、日本のフリーランスのメインは未だ常駐型だと思います。

現在はリモートワークで、コロナが落ち着いたところで常駐を目途にしている会社も多いと思いますが、フルリモートOKの案件が目に見えて増えてきています。

レバテック

IT関係のフリーランス案件といえば、まずはレバテックでしょうか。単価が安定していて案件も多い。営業さんが優秀なので、紹介してもらえる案件の数は多いです。

➡フリーランスエージェント認知度NO.1

Pe-BANK

フリーランスエンジニア案件の老舗サービスです。独自のネットワークを持っているのか、レバテックにない種類の案件や関西系などの案件もあります。

➡独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

TECH STOCK

知名度はそこまで高くありませんが、案件数は多いですね。ポータルサイトやECサイトの開発案件が多く、 直案件が多いのが特徴とのこと。高額案件と会社員よりやや高いぐらいの案件があるので、幅広いキャリアの方におすすめできるサービスです。

➡直請け率93%以上 案件の幅広さと高額案件多数!

CROWD TECH

ITエンジニア案件が中心ではありますが、ディレクション案件が多め。単価はやや落ちますが、案件数やバラエティ感は幅広いです。キャリアが浅めの方でも対応できる案件が多そうです。

➡フリーランスのリモート求人情報ならクラウドテック

DYMテック

口コミなどを見る限り安定感には欠けますが、営業力はありそうな会社なので他にない案件を引っ張ってきてくれそうです。高額案件の比率が高そうなのが特徴でしょうか。

➡独自のネットワークで他にはない高額案件多数 DYMテック

フューチャリズム

エンジニア案件に特化したエージェント。案件数も多く、やや渋めの業務が多く、その分長期で働きやすい案件が多そうです。

➡【継続率9割】長く活躍するならフューチャリズム

エミリーエンジニア

初めてのフリーランス就職のサポートに力を入れているようで、高額案件も多いようです。福利厚生のサポートなど、今っぽいエージェントさんのようです。

➡《平均年収819万年》フリーエンジニアの高額案件なら【エミリーエンジニア】

at engineer

案件の7割はエンド直、元請直で、スキルアップ/ITエンジニア交流イベントなども開催しているようです。クライアントも新しいクライアントさんが多いので、流行りの案件に強いかもしれません。

➡業界トップクラスの親切丁寧なサポート

エンジニアを目指すのはいつだって遅くない

エンジニアの利点はなんといっても、仕事の多さ。上を望まななければ、ある程度のスキルで働く場所を自分で選んで食べていけると思います。

どんな職種でも実力があれば、どこに行っても通じると思いますが、エンジニア職は並みのレベルでも働く場所はどこでも選べるほど需要が多いです。

海外移住をするのに断トツで潰しがきく職種なので、仕事に強いこだわりがなければとりあえずエンジニアになるというのは間違った選択ではないと思います。

年齢を考える人も多いと思いますが、年齢に合った仕事もあります。

スクールを卒業してすぐにフリーランスで働くのは難しいところはありますが、どこか1社で実務経験を積めばフルリモートでのフリーランス案件も対応できるようになると思いますので、中長期スパンでみると、早めに転身を考えてみても良いかもしれません。

スキルハックス

「スキルは私たちが生きる上でのセーフティネットになる」。プログラミング、動画編集、デザインなど、トレンドを抑えたスクールとして有名です。

➡最短・最速で脱プログラミング初心者|Skill Hacks(スキルハックス)

テックキャンプ プログラミング教養(旧【TECH::CAMP】)

無料のオンラインカウンセリング、初心者へのキャンペーンなど、とにかく挫折させないサポートに力を入れているスクールです。

➡挫折させないプログラミングスクール

TechAcademy

業界最大手のひとつTechAcademy。プログラミングはもちろん、WEBディレクション、WEBマーケティングなど幅広い受講コースがあります。

➡オンラインプログラミングスクール受講者数NO.1!

現在は過渡期。今後を見据えたプランを

この記事を書くきっかけは、コロナの影響で自分がタイを去ることになったことです。

具体的には、僕はタイで仕事を辞めてタイ語学校の学生をしていました。

そして仕事を探そうと思った矢先、学生VISAの期限も迫った時にコロナで仕事が探せなくなったことにあります。

タイを去る時には学生VISAの期限は切れていて、ツーリストVISAの状態でした。

更新の手続きが免除になるのがほぼ決定していましたが、タイで新たに就労ビザが取得できず、いつから仕事が探せるか分からない状況でした。

当時はまだフルリモートは、エンジニアやデザイナーなど一部限られた職種の限られた業務だけでしたが、海外からのリモートワークの選択肢があれば、日本に一時帰国をする必要もなかったと思ったからです。

もう一度同じ状況は来ないと思いますが、ただ何かを理由に仕事を失う可能性はあります。

その時に別の選択肢や知識があるかで大きく自分の行動は変わってくると思います。

今後の時代やキャリアを考えた際、フルリモートという選択肢と短期でも自分が欲しいスキルの実務経験が積めるのは、かなり有益な手段ではないでしょうか。

関連記事

タイで働くことによってキャリアアップはできるのか。ネガティブな印象を心配して、面接で直接こう聞かれることはありませんでしたが、若い方は特にこの点を気にしているのを感じられる質問が多かったです。40歳ぐらいの方であれば、割と人[…]

関連記事

タイの会社で働く日本人の給与。在住者の中でも再三話題になりますが、全体的に安く語らることが多いと思います。特に日本人の給与は「5万バーツ(175,000円)」という点にフォーカスが集まり過ぎている印象を受けるので、僕なりの情報を出したいと思[…]

関連記事

タイの生活費。あるあるネタですが、僕の生活費は割とリアルだと思います。生活費を公開しているブログはたくさんありますが、いつも安いなーと思って見ています。タイで仕事をして、ブログをちまちまと書いている人で、夜遊びしている人はほ[…]

タイの生活費