バンコクの歯医者

バンコクで歯医者に行く 銀歯・歯石・クリーニングの料金は?

  • 2019年8月26日
  • life

タイでの歯科治療。技術的にもそうですが、歯科治療は保険の限度額が低いので、治療費が気になりますよね。

とはいえ、歯並びに欧米並みにこだわるタイ社会で、歯のケアはかかせません。

僕が実際に行った歯医者と治療費を紹介しますので、参考にしてみてください。

会社で払っていた保険

タイの健康保険以外に月額400バーツで東京海上の保険に加入していました。

一般的な治療費は1日20,000バーツが上限。歯科治療に関しては、1年間で5,000バーツが上限でした。

行ったことがある歯医者と料金

なんとなく日本人向けの歯医者は高いと思い、歯石除去やクリーニングは「バンコクスマイルデンタルクリニック」に行っていました。

料金は、歯石除去+クリーニングで1,500バーツ小さな虫歯の治療で1,500バーツ(レントゲンあり)でした。

施術方法は日本と大体同じ手順でしたが、クリーニングはドクターによって違うようで、塩吹きのジェット噴射の場合と、ドリルでひたすら磨く場合がありました。

技術としてはなんの不安もなく、塩吹きジェットを使ったドクターは、日本で通っていた歯医者より上手かったです。ドリルを使っていたドクターは、少し荒かったです。

あと、銀歯の奥に虫歯があるのを感じていたのですが、このクリニックでは発見できず、別の歯医者で診てもらうため、「JP GREEN DENTAL CLINIC」へ行きました。

プロンポン駅で何度も看板を見ていたのと、院長は日本に住んでいたこともあるので、なんとなくの安心感で決めました。

ただこのクリニックでも、レントゲンだけでは虫歯と断定できなかったのですが、なんですか、あの虫歯の味みたいのがずっと続いていたので、銀歯を壊してみることにしました。

案の定、そこに虫歯はありました。結果、その治療と銀歯2本を変えることに。

セラミックは1本35,000バーツといわれ、即断念。プラスチックは3,000バーツだったのですが、耐久性を考えるとこちらはやめておきました。

結局、1本15,000バーツの銀歯を選択。

他に虫歯の治療+銀歯の破壊代など、トータルで43,000バーツの見積もりでした。日本円で約150,000円とかなり高くつきましたが、他に代えられないのでしょうがありません。

銀歯の治療工程

  1. 銀歯の破壊。虫歯の治療。翌週の予約。
  2. 銀歯の型どり。銀歯を作るのに2週間かかると言われたのですが、年末を挟んでいたので1週間で仕上げてもらう。
  3. 銀歯の埋め込みと調整。
  4. 2週間後に状態をチェック(問題なかったので、すっぽかしました)

 

気になる技術の方ですが、院長はチェックと指示だけで、虫歯、銀歯の詰め替え共に日本語はわからない女性ドクターが担当してくれました。

こういった施術の専門だと聞かされていたので、不安はありませんでしたが、結構荒かったです。

バンコクスマイルの方もそうでしたが、女性ドクターの方が荒いですね。。

力がないからかもしれませんが、テコの原理とかあまり分かっていないので、男性ドクターが対応してくれるところをおすすめします。

日本の健康保険加入者は、日本で7割の払い戻しが可能

ご存知の方も多いと思いますが、診断書、領収書を提出すれば、治療費を3割負担にすることができます。

但し、一旦全額支払い、日本の居住地の役所で手続きが必要です。
※タイ人ドクターであれば日本語で記載すると思うので、翻訳が必要です。

書類や翻訳など面倒があり、支払いまで数か月かかるようですが、今回であれば90,000円以上戻ってくることになるので、1日仕事になったとしてもうまみは大きいです。

僕は日本に住所がないので、できないのですが。。