バンコク アフターパーティの雄 Mustache(マスターシュ)

口髭(mustache)でおなじみ(?)のクラブ「マスターシュ」。バンコクのアフターパティはココ!ってぐらい有名なクラブです。

特にクラブ世代の欧米人(ファラン)からの人気は絶大で、BEST CLUB RANKINGにMustacheが選ばれれなかった時は、疑問の声が多数上がっていました。

音楽はテクノ、テックハウスがメインで、ガンガン踊れるクラブです。

Mustache(マスターシュ)の場所/営業時間

場所はRatchada Soi7(ラチャダー ソイ7)。最寄駅はMRTホイクワン駅になります。

スクンビットエリアからは外れていて、駅からも少し歩きます。アフターとして利用するなら、深夜帯は道路も渋滞していないのでタクシーで行きましょう。(早い時間帯に行っても盛り上がっていないです)

営業時間は21:00~3:00。公表では3:00になっていますが、3:30~4:00ぐらいまで営業しています。

■Mustache Bar
https://www.facebook.com/themustache.bangkok

雰囲気

90年代~00年代のクラブカルチャーの王道って感じです。客層は欧米人7割、タイ人3割ぐらいでしょうか。日本人はほとんどいないです。

年齢層は高めですが、所謂クラブ好きな人が多いのでガンガン踊ります。でもヤンチャな感じはないです。

アフターということもあり、みんなそこそこ出来上がっているので、日本人が行っても違和感を感じるようなことはないでしょう。

バンコクのクラブの営業時間

一般的には21:00~2:00。ピークは12:30ぐらいでしょうか。

クラブかバーかよくわからないお店の場合、許可の関係で1時に締まるお店もあります。また、クラブがある管轄エリアの警察の取り締まり度によって、2時ちょうどにイベントが終わるクラブ、2:30ぐらいまで続くクラブなど、状況によって分かれます。

Mustacheは3:00~4:00までやっているので、上記の時間帯のクラブやバーから人が流れてきます。

またロットファイ・ラチャダー(有名なナイトマーケット)からひと駅なので、そこから流れてくる人も多いですね。