バンコクのプロラボ フィルム現像&プリント PATANI STUDIO

タイの若者の間で人気沸騰中のフィルムカメラ。バンコクにもフィルム現像ができるお店はいくつかありますが、その中でもクオリティにこだわったお店を紹介します。

かつてバンコクのプロラボといえば、IQ LABが有名でしたが、現在のクオリティの信用度でいうと、PATANI STUDIO(パタニスタジオ)が1番だと思います。
(過去にIQ LABで現像に出して、物凄い失敗された経験があり尚更。。。)

バンコクのプロラボ PATANI STUDIO

PATANI STUDIOをおすすめする理由としては、写真に精通した外国人の利用が多いことです。

その分料金も高いのですが、品質管理や外国人が求めるニーズを把握しています。

また取り扱いフィルムの種類の多さ、現像やプリントに対してのサービスの幅広いことです。

ブローニー、リバーサルのプリントはもちろんですが、特にモノクロのフィルム、プリントに強いと思います。

外国人のFacebookやGoogleでの口コミ評価も高いです。

■お店のサイト
https://www.facebook.com/patanistudio/

オーナーさんは、国内外でワークショップも開催している方なので、そういう点でも信頼度は高いでしょう。

右の方がオーナーです。

価格と品質

35ミリのネガのみですが、実際に僕もお店を利用したことがあります。

現像のみですが、品質に問題はなく、日本のプロラボと同等の品質でした。

価格については、バンコクで地元の方向けに営業しているお店より高いです。

ただ大事なフィルムを万が一の事態になる確率を下げるためなら、まあ許容範囲だと思います。

価格は35ミリフィルの現像とスキャンで350バーツ程度(1,200円)になります。
日本の街のカメラ屋より少し安い程度の価格ですので、プロラボしては安く感じます。

■価格
135 / 120 process only – 150バーツ
4×5 sheet film- 120バーツ

Slide film process [E-6 single use]135 / 120 process only – 250バーツ
4×5 sheet film- 200バーツ

Darkroom contact print
Color contact print 9.5×12 inches – 200バーツ
BW contact print 8×10 inches -150バーツ
BW contact print 9.5×12 inches -200バーツ

Roll scan 135 / 120 – 200バーツ
approx. size 3000×2000 px, Tiff file -15 MB

他にもサービスがありますので、詳しくはお店のFacebookページで確認してみてください。
https://www.facebook.com/pg/patanistudio/about/?ref=page_internal

PATANI STUDIOをおすすめする裏理由

タイで裏理由というとあれですが、おすすめする理由としてその立地があります。

お店がある道 Soi Nana(ソイナナ)は、外国人やトレンドの先を行くタイ人に対して開発が続くエリアで、オシャレなお店が次々とオープンしています。

また近隣を含めた中華街の東に当たるエリアは、古き良きバンコクの趣を残しつつリノベーションが進んでいて、散策や散歩に持ってこいの場所なんです。

PATANI STUDIOに寄るついでに、色んなお店を廻ってみると面白いと思います。

PATANI STUDIOもリノベーションした古い建物を使用しているので、趣が合って雰囲気がありますよ。

お店に行く際の要注意

お店は基本月、火がお休みです。

また臨時のお休みをちょくちょくありますので、Facebookの投稿をチェックしてから行きましょう。

あと、お店の前に看板が出ていませんので、ドア上に書かれた店名を注意深く探しましょう。

このようにドアが開いている日はいいのですが、雨が降っている日などはドアが閉まっていて分かりにくいです。その場合は左にある紐が呼び鈴になっているので、軽く引っ張って呼びましょう。

またTAXIやバイタクでお店に行く場合、ソイナナというとナナプラザに行こうとするドライバーが多いです。
(タイではSoiソイと呼ばれるストリートを指定して、行き先を告げます)

「中華街のソイナナね」と伝えても、「外国人といえばナナプラザでしょ」と勝手に変換されてしまいますので念を押して伝えましょう。