チャッキー ミシェラン

ミシェラン ビブグルマンvol.01 ラートナー(あんかけ揚げ麺)の名店「CHAKKI(チャッキー)」

午前中のタイ語学校を終えてから、なにかルーティンが欲しいなと思い、お財布にも優しいミシェラン ビブグルマンの掲載店を回ることを決めました。

記念すべきvol.01は、パヤタイにある学校から最寄りの「CHAKKI(チャッキー)」。

ラートナー(あんかけ揚げ麺)で有名なお店です。

ミシェラン ビブグルマンとは?

Bib Gurmand(ビブルグルマン)とは、ミシェランの造語で、Gurmandはフランス語で食いしん坊。Bibはミシェランのマスコットキャラクター Bibendumから来ているとのこと。

定義としては、高いレストランだけでなく、コストパフォーマンスに優れたストリートのレストランを対象にした賞。ということみたいです。

 

待ち時間

チャッキー

平日の12時30分ぐらいに行って、1グループ10分待ちでした。

ランチタイムを外せば、平日は待ち時間がないと思います。ツーリストはこの1グループだけだったので、恐らく週末もそんなに待たないと思います。

CHAKKIの定番はラートナー・ムー

店先では水餃子を絶え間なく茹でていたのですが、CHAKKIを代表するメニューはラートナーです。

メニューにもシグネチャーとして、記載されています。

CHAKKI バンコク

ラートナーの中でも、細麺のセンミーとムー(豚肉)が定番みたいだったので、fried rice vermicelliのPorkとお茶を注文。

あんかけ麺 バンコク CHAKKI

いいですね。油に素通ししたカナー(タイの青菜)がきれいです。

 

ラートナー・ムーの評価

はシャキシャキになるまで揚げられていて、センミー(米の細麺)ということもありジュワっと口の中で崩れていく感じです。

日本で食べる中華麺(バミー)の揚げ麺とは、まったく違う触感です。あんは中華ベースに、少し癖のあるミソが入っているような味でした。

このクセの調味料がなにかは分からないのですが、好みが分かれる味だと思います。

僕の評価は、★3.5

120バーツという価格も加味した評価ですので、街の普通のラートナーに比べると料理としての完成度は高いです。

今回の評価は結構好みの部分が大きいかなと思います。

場所

BTSビクトリーモニュメント駅から徒歩7分ぐらいです。

営業時間:11:00~15:00